純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三島由紀夫 ] - ショッピング・ショップ 通販検索

ショッピング・ショップ 通販検索楽天市場を検索

純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三島由紀夫 ]

純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三島...の商品画像

純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三島由紀夫 ]

この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは下のボタンよりショップサイトへどうぞ。
actacton

純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三...の紹介画像1

商品の詳細情報

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
角川文庫 三島由紀夫 角川書店 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍】 ジュンパク ノ ヨル ミシマ,ユキオ 発行年月:2009年02月 ページ数:203p サイズ:文庫 ISBN:9784041212103 三島由紀夫(ミシマユキオ) 1925(大正14)年、東京生まれ。中学時代より習作をはじめ、16歳の時に『花ざかりの森』を発表。47年、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に勤務。翌年退職し、本格的に作家活動に入る。49年、初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行し、作家としての地位を確立。主な著書に、54年『潮騒』、56年『金閣寺』(読売文学賞)、57年『鹿鳴館』、61年『獣の戯れ』、65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)などがある。『豊饒の海』四部作を完成させたあと、70年11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて自決。享年45(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 昭和23年。村松恒彦は、勤務先の岸田銀行の創立者の娘である13歳年下の妻・郁子と不自由なく暮らしている。最近、恒彦は学習院時代の同級生、楠と取引が生じ、郁子もまじえての付き合いが始まった。楠は一目見たときから、郁子の美しさに心を奪われる。郁子もまた、楠に惹かれていき、接吻を許す。が、エゴチスト同士の恋は、思いも寄らぬ結末を迎えることに…。著者はじめての長期連載小説。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・ま行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会
actacton
この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは上のボタンよりショップサイトへどうぞ。
価格 : 561 円 (税込)
純白の夜〔平成21年〕改 (角川文庫) [ 三島由紀夫 ] - ショッピング・ショップ 通販検索のページ先頭へ