身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ] - ショッピング・ショップ | 通販検索

ショッピング・ショップ | 通販検索楽天市場を検索

身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ]

身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ]の商品画像

身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ]

この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは下のボタンよりショップサイトへどうぞ。
actacton

身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ]の紹介画像1

商品の詳細情報

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
稲垣栄洋 三上修 草思社ミジカナ ヤサイ ノ ナルホド カンサツキ イナガキ,ヒデヒロ ミカミ,オサム 発行年月:2005年08月 ページ数:263p サイズ:単行本 ISBN:9784794214348 稲垣栄洋(イナガキヒデヒロ) 1968年、静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士 三上修(ミカミオサム) 1954年、横浜市生まれ。1976年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。自然科学のイラストを得意とする。現在はフリーとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) キャベツー赤ちゃんはどこから来るの?/レタスーキャベツには負けられない/タマネギー涙なしには語れない/エンドウー蝶のように咲く/ソラマメー空を見上げて/アスパラガスー男たちよ、立ち上がれ/タケノコー急生長の秘密/ゴボウー泥まみれの英雄/カボチャー能ある瓜は爪を隠す/シソー鮮やかによみがえれ〔ほか〕 野菜ももとをただせば野生の植物だから、野性に目覚め、自然の摂理の中で必死に生きようとする。しかし、野菜は太古の昔から人類のパートナーとして生きてきた存在でもある。だから自然界の植物としてたくましく生きる一方で、彼らは飼いならされた犬のように人間に寄り添い、人間の要求にこたえようと努力してきた。その結果、改良に改良を重ねられてきた野菜という植物は、野山に咲く野生の植物には見られないような特異的な性質を身につけた。この本は、個性あふれる身近な野菜の知られざる生命の物語である。 本 ビジネス・経済・就職 産業 農業・畜産業
actacton
この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは上のボタンよりショップサイトへどうぞ。
価格 : 1,728 円 (税込)
身近な野菜のなるほど観察記 [ 稲垣栄洋 ] - ショッピング・ショップ | 通販検索のページ先頭へ